カメラ保管 外気温に注意 濡れたカメラ 冷たいカメラ 防湿庫利用   

カメラ保管どうしてますか?

カメラが好きなのにあまりにも知らなすぎる。

雪の写真を撮りたくて…無謀にカメラを持って夜出かけました。

201601121

はく息が白く、空気が凛とした冬の夜 静かな写真を撮りたい。

ただそれだけで… 

困ったことにそんなときに撮りたくなる!

帰ってきて濡れたカメラどうしていますか?外気で、冷え切ったカメラどうしていますか?

おもむろに暖房をつけ乾かそうと思いました。ここで、待ったぁ~~~~~!!

カメラの天敵湿気なんですね(;´Д`)

冷たい場所からあたたかい部屋にカメラを持ち込むのはNG。

結露がつくとカメラは、ダメージを受ける。

外部は勿論、内部やレンズの内部にも結露ができ、カメラやレンズにダメージ、

カメラの故障・錆・レンズカビを引き起こしてしまう。

なんてことを今までしていたのだろう。

反省して防湿庫なるものを買ってきました。

111

プラスチックで、パチパチ留め使います。

中に防湿剤・防カビ剤を入れて保管するのです。

高級なリビング防湿庫など買えないので、こちらにしました。

私のは、湿度計もついています。

 

DRY 0~40%

BEST 40~60%

WET 60~100%

乾燥しすぎても多湿過ぎてもだめなんですね。

湿度は、40~60%が良い。

冷たい外気からカメラを守るには、急激に暖房の部屋へ入れず

タオルなどを巻いて、温度を慣らしていくなどの配慮が必要。

反省を込め 記事にしました。

カメラは、大事に使わなくてはいけません。はい。気をつけます。

似たようなのを貼っておきます。私の買ったのより安いw

楽天から

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA